Blogブログ

最新情報をお届けし致します。

Veryはヘアドネーションに賛同しています♪【松山市】

松山市三番町にある美容室「hair&beauty Very」です♪

近年、注目を集めている「ヘアドネーション」
芸能人からモデルさんまで多くの方々が髪の毛を寄付していることでも、多くの方に知られています。

本来捨てられてしまうだけの切った後の髪の毛を、ウィッグを必要としている子供たちの笑顔に変えることのできるとっても素敵な取り組みです★

Veryでも、この取り組みに賛同しており沢山のご希望の方のお手伝いをさせて頂いております。

ヘアドネーションってなに?

ヘアドネーションとは、小児がんや先天性の脱毛症、不慮の事故などで頭髪を失った子どものために、寄付された髪の毛でウィッグを作り無償で提供する活動です。

寄付された髪の毛は、各種団体によって選別・加工の工程を繰り返したのち、ウィッグとして生まれ変わり、待っている子供たちの元に届けられています。

ヘアドネーションの条件は?

POINT① 髪の毛の長さは「31cm以上」

医療用のフルウィッグを作るために必要な髪の長さは『31cm以上』となっております。
 ※31cmに満たない髪の毛は研究開発のための「評価毛」また、美容師が練習するための「カットウィッグ」として生まれ変わり、その収益を提供費として活用されていたりします。

「31cm」というのは頭頂部からの長さではなく、カットした切り口から毛先までの長さが31cm必要なっています。カット後のスタイルが大きく変わりますのでご注意ください!

POINT② ダメージがあってもOK!!

ハイトーンカラーや白髪染め、ブリーチをしていても大丈夫です。
 ※軽く引っ張るとすぐに切れてしまうほどのダメージでなければ基本的に問題ありません。

寄付された髪の毛はトリートメント処理を行い、質感や髪色を統一する工程を行いますので、現在の髪の状態を気にする必要はありません。

POINT③ くせ毛でも問題ありません!!

くせ毛でも問題ありません。髪の毛をまっすぐ伸ばした状態で既定の長さがあれば問題ありませんし、ストレートパーマをかけてまっすぐに必要はないので安心してくださいね♪

ヘアドネーションをする方法は?

STEP.1 「ご予約」

カットが含まれるメニューで当店のご予約をお願いいたします。

予約方法はインターネット予約(Hotpepper beauty)などをご使用頂いてもいいですし、お電話にてご予約もお取り頂けます。

その際に、「ヘアドネーション希望」という旨をお知らせください。

※ヘアドネーションはカットする前に、髪の毛をヘアゴムで束ねる必要がございます。よって、通常のカットしている途中からヘアドネーションを実施することができません。

※ヘアドネーションは「準備」と「カウンセリング」が必要となる為、通常のカットよりも少しお時間を頂いておりますので、事前にお知らせ頂く必要がございます。

STEP.2 「ご来店~カウンセリング」

ヘアドネーションをされる方には「ヘアドナーシート」をご記入して頂きます。

内容は簡易的なもので、今までどんなメニューをしてきたのかを簡単に理解するために使用されるものです♪

ヘアドネーションは髪の長さを31cm以上切ることになりますので、スタイルが大きく変わるためカウンセリングがとても重要になります!

カウンセリングシートのご記入を頂きながら「ご自身のなりたいイメージ」と、「似合わせ」を含めた丁寧なカウンセリングをさせて頂きますので、通常よりも少しお時間を頂いております。

STEP.3 「カット」

カット前に寄付できるようにヘアゴムで毛束を束ねた後にカットをしていきます。

ご希望の場合は写真撮影や、ハサミ入れなどのサポートなどもさせて頂きますので是非お声がけくださいね♪

STEP.4 「発送」

ヘアドネーション協会「JHD&C(Japan Hair Donation & Charity)」の指導により、美容室より直接お送りすることはできなくなりました。

カットされた髪をドナーご自身にてご発送をお願いしております。

※少しでも寄付がしやすくなりますように、当店で発送の準備をお手伝いさせて頂いております。

STEP.5 「デジタル受領書」

「JHD&C」にドネーションヘアをご送付くださった方はデジタル受領証のダウンロードができるようになっております。

※デジタル受領証は「あなたの髪の毛をJHD&Cが確かに受け取りました」という証明として、ご希望の方(※必須条件があります)にダウンロードいただけるものです。

※デジタル受領書を取得される場合は、髪の毛を送付する際に発行される「追跡番号」を必ずお手元にお控えください。(追跡サービスのない方法(普通郵便、定形外郵便、スマートレターなど)で送付されますとデジタル受領証をダウンロードすることはできません。)

よくあるご質問

Q. 男性や子供でもヘアドネーションをすることはできますか?

A. もちろん大丈夫です!男女や、老若男女、国籍を問わず皆様に参加していただくことができます。

Q. ヘアドネーションをする前にトリートメントをした方が良いですか?

A. 必要ありません。なるべく化学処理がされていない毛髪が健康な状態ですので、そのまま寄付して頂ければOKです!

Q. ブリーチや白髪染めをしている髪でもヘアドネーションできますか?

A. 基本的に問題なく寄付していただけます。しかし、軽く引っ張るだけで断毛してしまうような極端にダメージの多い場合はご遠慮頂くかもしれません・・・

Q. なぜ31cmからしか寄付できないの?

A. 脱毛症状などによりウィッグを必要とするお子さまの多くが希望しているのは、セミロング、ロングヘアのフルウィッグです。髪の毛を半分に折り返してウィッグの地肌となる生地に植え付けるため、ある程度の長さが必要となります。

ヘアドネーションをされたお客様のお声

ヘアドネーションしました。初めてではなかったのですが「記念にお撮りしましょうか」と言っていただき嬉しかったです、さすがに自分から言いづらいので記録に残せて良かったです。挟み入れもさせてもらえて良い経験になりました。帰りの際には、そのまま郵便局に持っていけばいい状態にまでして貰っていて寄付(ヘアドネーション)が自己満の行為だけじゃないんだと思わせていただきました。
髪の悩み手入れの仕方今後のヘアの維持の仕方まですごく丁寧に基礎基本アレンジの仕方までたくさん聞いてもらえたし教えてもらえました。
でもナンバー1はヘッドスパです。愛媛でここだけ言われるだけあって超気持ち良かったです、頭の整体と言うだけあってスッキリしました。少しお値段ははりますが、今だと母の日のプレゼントチケットなどもありお得に試せそうです。是非一度は体験オススメします。多分一度試すと絶対もう一度したいと思うはず。
娘がヘアドネーションを希望しており、こちらのサロンを利用させて頂きました。写真も快く撮らせてもらい、1束自分でカットさせてくれました。娘もめったに出来ない体験に大喜びでした。ヘアドネーションの手配もしっかり対応してくれ有難かったです。カット後も丁寧に仕上げてくれ、スタッフの皆様、とても感じの良い接客をしてくれました。また利用させていただきます。
何十年もダラダラとロングヘアーを続けていたのを訳あってカットすることになり、どうせならヘアドネーションしようと思い立っていきなり当日予約したにもかかわらず、とても丁寧に相談にのっていただき、自分のショートスタイルを想像できなかった私にも、大満足のカットをしていただけました。おまかせして本当に良かったです。お試しヘッドスパも気持ちよかったです。シャンプー台から来てくれる設備にはビックリしました。

最後に・・・

最後までブログを見て頂きありがとうございます。

様々な思いや、お気持ちを持たれてこの活動に協力される方もいらっしゃいますし、身近な活動だからこそ興味を持って頂けた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今まで大切に伸ばされてきた髪の毛を切らせていただき、困っている子供たちに届けるお手伝いができることは私たちにとっても嬉しいことです♪

当店では髪を切った後のスタイルや、その後のスタイリングなど丁寧にアドバイスさせて頂きます。

何かご不明な点がございましたら、お気軽にお電話にてお問い合わせくださいね♪

ご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。

※当店が参画しております「JHD&C japan hair donation & charity」の
公式Twitterでは、提供情報が掲載されているので是非チェックしてみてくださいね♪


↓↓ Very自慢メニューのご紹介です ↓↓

↓↓ 初めてのお客様は是非ご覧ください ↓↓

↓↓ Instagramで最新の情報をGET!! ↓↓

〒790-0003

愛媛県松山市三番町一丁目14-5

TEL:089-932-3618

定休日;毎週月曜・第1火曜・第3日曜

営業時間;9:30~19:00
(最終受付18:00頃まで)

【駐車場有り】サロン隣に4台分
(満車の場合は近隣駐車場をご使用ください。
駐車料金は当店負担とさせて頂きます。)

~ メニュー ~

  • カット → ¥4,950
  • カット+本格個室ヘッドスパ → ¥9,350
  • カット+カラー → ¥10,120
  • カット+カラー+本格個室ヘッドスパ → ¥14,520
  • カット+カラー+トリートメント → ¥13,420
  • カット+パーマ → ¥10,450

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事